ハイキャパいじり

こんにちは。庄松屋です。

ハイキャパを弄ってみようと思います。といっても、トイガン界隈からしたら、沢山のデータが出ていて、いまさらって感じですねw だけれど、せっかく買ったので、自分なりに遊んでみようと思います。

とりあえず初速。


ノーマルでは平均初速74m/sぐらい。

次に、以前遊んだストライクウォーリア用アキュバレルセットの、スライドとバレルを乗せ変えて撃ってみました。


平均初速は68m/sぐらい。6m/sの低下ですね。
撃ってみると、目に見えて飛距離が落ちてます。バレルの長さが短いと、初速が下がり、飛距離が落ちるのでしょうね。弾道は、まっすぐは飛んでるけども、弾がゆっく~り。

ただ、以前、ストライクウォーリアにアキュバレルを付けただけの初速が・・・

平均63.78m/sというデータが残っていて、ハイキャパのフレームで、4m/sのパワーが上がってるのだと思います。ストライクウォーリアに比べて、マガジンが大きいですからね~

で。なぜバレルの長短を調べたかというと。「ガスブローバックハンドガンの単純な性能アップは、バレルの延長だ!」と、以前のストライクウォーリアいじりの時に、その結論に至ったからです。(うのみにしないでねw

だから、バレルが短くなったら、初速は下がるのか、実験したんです。

次は、長くしましょう。
買いました! 7インチバレル。

ライラクスの7インチバレルです。ライラクスにした理由は、ネットで見たレビューが良かったのと、手に入りやすかったから。とくにこだわりはありませんw

さて、早速付けてみると。かっこ悪いねw インナーが飛び出してて、海外の、お手製拳銃みたいです。

平均初速は80.02m/s
80台キタ――(゚∀゚)――!!
チューニングは、初速を上げりゃいいってわけじゃないけれど。以前測定したデザートイーグルの84には届かないけれど。バレル交換だけで、これだけ性能アップするのはうれしいね!

でも。この見た目。
なんとかしたいねぇ。
で、試作ですが、コンペンセイターを作ってみました。

スライドの意匠を、前方に伸ばしただけのデザイン。とりあえず付けとくか。

とりあえず見た目はまとまりましたが、このデトニクス系のスライド。ホールドオープンしません。もしかしたら、以前ストライクウォーリアいじりをした時に、スライド内部のあsdfghjkl;:」・・・・・・ゴホンゴホン・・・・・ゲフゲフ・・・・ア”—–ッ!・・・・あーーー・・・・・おっとっと失礼・・・等をいじったのが原因で、バランス的にスライド後退不良かと思ったんだけど。
スライドの後ろを見てみました。

このように、ハイキャパ(上のスライドで赤線)より、ストライクウォーリア(下のスライドで青線)は、バルブノッカーのロックを解除する溝が短いので、ブローバックが短く設計されていました。
低燃費やね。

ブローバックが短いからスライドストップがかからないのですが。せっかくの低燃費なので、ここの溝を長くするのはもったいない。

で、

スライドストップの溝を後ろに長くしてみたり。


前に長くしてみたり。


中の金属を削ったりしながら、スライドストップが、かかるように調整しました。

そんなスライドですが。ハイキャパとストライクウォーリアのスライドの重量を比べて、スライドがどれくらい軽くなったか、計ってみました。


ハイキャパゴールドマッチのスライド、90g


ストライクウォーリア、80g
10gしか軽くなってないやんーーーーーーって思いましたw
というか、コレが、多いのか、少ないのか、わかりません。デトニクス系スライドは、ハイキャパと比べて10gしか軽くならないぞ! ということがわかりました。

そんなデトニクス系のストライクウォーリアスライド。軽量化というわけじゃないですが、コンペンセイターを後方に伸ばして、ドットサイトのマウントにしたいので、そのぶんをカットしました。

ガバだけに、ガバッと切った。

ガバだけに。

・・・ハイ

失礼しました!

エジェクションポートより前方、上から数ミリほど、カットしちゃいました。構造として □ の字型だったのが U の字型になったので、ヤワヤワっす。
だけど試射をしてみると・・・・・・

YouTube Preview Image

元気に動いてました。

このスライド。このようなカタチになるまえに、ハイキャパの先生とメールで相談してました。先生はカットしたことあるんですが、やっぱり強度的には不安との事。先生は、ブリーチ取り付けにガタがくるかもしれないと言ってました。
先生の言葉はハイキャパのハナシですが、コレはストライクウォーリア。何か対策がないだろうかと思い、スライドを分解してみたんですが・・・。


なんか、ブリーチの上に、丁度良い穴があいてへんか??


M3の下穴に丁度良い、2.5~2.6ミリくらいの穴が開いてたんですよ!
なのでねじ切り加工。リアサイトの上からネジで締めてやろうと思います。元々、後ろからのネジ止めがあるので、これでスライドに2箇所からネジ止めが出来ます。

見てのとおり、上と、後ろに、ネジがあります。
これならカッチカチに留めれるで!!

 

本体の加工が終わったので、コンペンセイターの本チャンを作ります。

これは、2次試作品になります。

組み付けるとこんな感じなんですが、

この画像をツイッターにアップしたら、ハイキャパの先生から「マウントが短いね。ドットサイトをエジェクションポートの上まで持って来れへんの?」とコメントが来ました。
じつは俺もそうしたかった。だけど、3Dプリンタの造形サイズの上限があって、このカタチにしました。ほんとはやりたかったなーとか思って作ったのはさすがに見透かされたか。
伸ばした形状に設計変更しました。造形サイズ以上の大きさのものを作るには、パーツを2分割にしなきゃいけません。強度と組み付け精度を考える必要があります。イイトコで分割して、再出力。本チャン。単にコンペの中央付近でぶった切っただけなんだけどw

かっこよく出来た! と思います!
っても、格好だけじゃなく、本来は実用一点張りの設計です。
スマートなデザインになるように、バレルを伸ばし、ドットを乗せた。

ドットは、よくある商品はフレームにマウントするタイプ。だけどもトイガンは、インナーバレルとアウターバレルに多少のガタがあるし、アウターバレルとスライドにも多少のガタがあるし、スライドとフレームにもガタがあります。インナーバレルからドットまで、ガタ+ガタ+ガタなので、ちゃんと狙えてるのか不安。
今回作ったのは、コンペにインナーバレルを通してあって、そのコンペに直接ドットを乗せています。凄く当たりそうでしょ!!!

 

 

・・・・・・・射手の腕が良ければねw

 

 

 

おしまい。